同棲のススメ

同棲前の親への挨拶。人生20年で最難関のイベント!!ちらっとコツもご紹介♪

更新日:

親への挨拶はけじめの一つ

同棲前の親への挨拶。
同棲を始めるにあたって必ずしておくべきけじめではないでしょうか。

同棲は正式な結婚とは違い、結婚前のお試し期間のような意味合いもあると思います。
だからといって2人だけで同棲を決めてしまうと、後々面倒なことになる場合も出てくると思います。
例えば、同棲を数年続け今度は結婚!となったあと、両家にご挨拶にいったけれど
「同棲をするのに挨拶に来ない人は認められない!」
「こんな人との結婚はダメだ!」
となってしまっては最悪です。

親にとっては素性の知らない人と同棲させることは心配で仕方ないはずです。
両家の親にしっかりと許可をいただくことで、
気持ちのいい同棲生活、またその先の未来を歩んでいけると思います。

親への挨拶。人生最難関のイベントだった

とは言ったものの、今まで私たちはこのような重要なイベントを経験したことがありませんでした。
高校受験、大学受験、様々な面接などをしてきたとはいえ、
それは自分の人生だけがかかったもの。

同棲を始めるための親への挨拶は2人の人生がかかった試練です。
こんなにプレッシャーがかかるものだとは思ってもみませんでした。

そんな親への挨拶を、
ユウタ(彼女親への挨拶)とユウコ(彼氏親への挨拶)の2つの視点で話します。

彼女の親へ挨拶するケース〜ユウタの場合〜

彼女のご両親へのご挨拶はかなりプレッシャーのかかったものでした。
先ほど両家のご両親にとって素性の知らない人と同棲させることは心配で仕方ないはずだと言いましたが、
これは女性方の親の方が強い不安をもっていると思います。

同棲する相手がまだ学生、将来性はわからず甲斐性は全くない。
そんな中で同棲の許可をしていただけるとはほぼ思っていませんでした。

ただそんなことを考えていては仕方ありません。
ユウコに取り次いでもらい、ご両親の実家付近でお食事をしていただく機会を設けて頂きました。

予定が決まったあとは当日までユウコにご両親の趣味や仕事内容を徹底的に教えてもらい、
いいコミュニケーションをとれるよう情報収集をかなりしました。
あとは想定される質問を考えてその回答を考えました。

しかし当日になってご両親とお会いした瞬間はじける頭(笑)
付け焼き刃はこぼれやすいとはこのことかと思いましたよ。
顔は笑顔をしているものの背中は脂汗でびっしょり。
詰んだと思いました。

ご両親の車に乗せていただき食事するお店へ。
緊張している私にご両親は気さくに話してくれました。
そのおかげなのかお酒がまわったからなのか、
当初の緊張はなくなっていました。
その場所でしっかりと対面で同棲をさせていただく旨のお話をしました。

帰り際にお父様と2人きりになる機会がありそのときに、
「娘のことをよろしくお願いします」と言われたことは忘れられません。

彼氏の親へ挨拶するケース〜ユウコの場合〜

私の場合、ユウタのご両親とは何度か面識がありました。
ユウタの地元方面へ旅行に行った際はお宅へお邪魔したり、一緒に旅行したりと同棲前にしてはわりと近いお付き合いをさせていただいていたので、
ユウタほどの緊張はありませんでした。
私たちとユウタのご両親は住んでいる地方が全然違います。
なので、失礼を承知で電話でのご挨拶をさせていただきました。
電話なので簡単なご挨拶のみでしたが、快く了承頂けてとても安心したのを覚えています。

その分、ご両親が私たちの住んでいる場所の近くまで旅行にいらした際には、
私たちの部屋へお招きして問題なく暮らしていることを実際にお見せして安心していただけるようにしました。
ユウタのご両親も私の両親も、同棲することを認めてくれましたがちゃんと仲良くしているかな、
とか何か困ってないかなといつも心配してくれています。
同棲前の挨拶だけで終わりにせず、
Facebookなどでこまめに近況報告をして2人で仲良く楽しく暮らしているよ!と安心してもらえるようにしています。

親への挨拶を成功させるためのコツ

私たちの場合は親が反対することはなく、
プレッシャーをかなり感じていたこととは裏腹にスムーズにことが進みました。

ですがより固い場合や質問攻めなどに合うこともあるかと思います。
私たちの経験をもとにどんなことに気をつけたらよいのか、
少しコツのようなものをまとめてみました。

 icon-check 相手親の趣味などを知り、少しでも円滑なコミュニケーションをとれるようにする
 icon-check 身だしなみはきちんと。手土産の用意も忘れずに
 icon-check 想定される質問を考えておく

この3つだと思います。
相手親とコミュニケーションをしっかりととれるようにすることは、
同棲を始めるという話をする以前にとても大切なことだと思います。

「同棲の次は結婚」
これはどの親も頭に思い浮かぶことでしょう。
そうなると親は、相手はどんな人なのだろうと絶対に考えます。
そこで第一印象とその後のコミュニケーションがグダグダでは絶対に相手にされません。

人の印象を決めるのに第一印象が6割、
その後の耳から入る情報が3割で他が1割という研究結果もあるほどです。

ユウタは学生ということもあり将来性や甲斐性で勝負できませんでした。
そこでこの2つは絶対に外せないと思い頑張りました。

想定される質問を事前に考えて2人で話しておくことも大切です。
もしお仕事をされている方であれば、
 icon-check-square-o これからの結婚の計画はあるのか、それはいつ頃を想定しているか
 icon-check-square-o 同棲の生活費はどうするのか
 icon-check-square-o 将来はどのようなことをしていくつもりなのか
は最低でも考えておいたほうがいいかもしれません。

前のススメ:5.引越し前にしておくべき5つの手続き!楽しい同棲のために事前にしておこう。
次のススメ:7.同棲の初期費用はいくら必要? 私たちはこれだけかかりました。
TOP:同棲のススメ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-同棲のススメ

Copyright© 食う寝る2人の同棲ブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.